LOG IN

ウォルトディズニーワールドと日本館

by Anna☆

こんにちは、あんなです!

今回は
私が休学中にどんなところで働いていたのか
書いていきたいと思います。


プログラム中の経験の詳細については
ぜひまた違う記事で
たっぷり書かせていただきたいなと
思っているので



今回はがっつりと
ウォルトディズニーワールドと
私が働いていた日本館について
ご紹介したいと思います!



私も渡米前は
アメリカのディズニーって
どうなってるの?
と思っていたので

これを機に
少しでも多くの方に知っていただけたら
とてもうれしいです。



今回の記事は
ほとんど休学には触れませんが


ディズニー特集を見ている気持ちで
楽しんで読んでいただければ
うれしいです☺


すごく長いです!


でも
情報満載で
きっとディズニーワールド
一周回った気分になれると
思います!(笑)



では、いきます!


アメリカには
2つのディズニーリゾートがあり


1つは
カリフォルニア州にある
ディズニーランドリゾート

そしてもう1つが
フロリダ州にある
ウォルトディズニーワールドです。



同じようにも聞こえますが
2つのリゾートの雰囲気は
かなり違います。



カリフォルニアの
ディズニーランドリゾートは
とても小ぢんまりとしていて
すごくレトロな雰囲気。

日本のように
2つのパークがあり
規模も日本と
同じくらいだと感じました。






それに対して
ウォルトディズニーワールドは

巨大です!

もう、1つの国
と言っても過言ではないくらい
とても豪華な規模の
ディズニーリゾートに
なっています。


よく
「1週間あってもまわりきれない」
と言われていますが

1つ1つのパークの大きさは
日本のディズニーと変わりませんが

あまりにパークがたくさんあるから
全部を楽しむには1週間くらい必要
というのが本当のところです。



その私がいた
アメリカ・フロリダ州にある
ウォルトディズニーワールドは主に
4つのパーク(とその他諸々)で
成り立っています。

まずは

ザ・ディズニーランドな
Magic Kingdom Park
(マジックキングダム)


シンボルは
ご存知の通りシンデレラ城。




私たちが想像する
ディズニーランドはここです!



いわば
フロリダ仕様の
東京ディズニーランド



とはいえ

キャラクターや
アトラクション
パレードやショーなど

ここでしか見られないものも
たくさんあり
日本とはまた違う
素敵な雰囲気を持っています。



一番ディズニー感が強く
こここそがまさに
夢と魔法の世界です。

続いて

ディズニー×サファリパーク

Disney's Animal Kingdom Park
(アニマルキングダム)

パークの真ん中に
とっても巨大な1本の木があり
それがここ
アニマルキングダムのシンボルです。



日本にも
ディズニーランドとディズニーシーが
あるように

ちょっとテイストの違うディズニーパークが
ウォルトディズニーワールドにはいくつかあり
その1つがここ
アニマルキングダムです。


すごくざっくり言えば
ディズニーサファリパーク。

実際に動物園のように
動物もたくさんいて

さらには
広大なサバンナに
トラックで入っていって

実際にライオンやワニ
さらには
キリンが目の前を横断していくのを見ることができる
サファリパークのような
アトラクションなどもあります。


日本のジャングルクルーズの
動物が全部本物 in サバンナ!
で想像してもらえたら
うれしいです。



キャストメンバーも
アフリカ出身の方が多く

常にパークの至る所で
アフリカンな音楽やダンス
様々なパフォーマンスが
行われています。


ライオンキングをテーマにした
歌×ダンス×アクロバット×キャラクター
のショーがあったり

ファインディングニモの
ミュージカルがあったり

とっても迫力満点の
ワイルドなパークです。

それから

ディズニー×映画×スターウォーズ

Disney's Hollywood Studios
(ハリウッドスタジオ)



ハリウッドをテーマにした
映画の世界のパークです。



東京ディズニーシーにある
タワーオブテラーはここにあり

それが
ハリウッドスタジオの
シンボルになっています。


他にも

インディジョーンズの
スタントショーや

美女と野獣のミュージカル

アナとエルサと一緒に
アナ雪に出てくる歌を
ゲスト全員がみんなで熱唱するショー

夜には
特設ステージで
ファンタズミックもあり

とてもロマンチックな
まるで映画の世界に入ったような
すごく不思議な魅力のあるパークです。



スターウォーズも
このパークのテーマの一部で

スターウォーズの
キャラクターに会えるスポットや
ショーもあり

スターウォーズファンには
たまらないと思います。


そして
私が働いていた

未来×世界万博×ディズニー

EPCOT
(エプコット)


シンボルはこの
大きなゴルフボールのような
球体です。



ここエプコットは

未来をテーマにした
FUTURE WORLD
(フューチャーワールド)



世界万博のような
WORLD SHOWCASE
(ワールドショーケース)


2つのエリアに
分かれています。


フューチャーワールドは
近未来そのもので

空を飛んで世界を一望できる
ソアリンという
アトラクションや

自分がデザインした車で
空中を駆け抜ける
テストトラック
など

まるで未来に
タイムスリップしたかのような

ワクワクする仕掛けが
たくさんの
エリアになっています。

ちなみに
この球体も
フューチャーワールドにあり

内部は
スペースシップ・アースという
人類の歴史を辿れる
とても素敵なアトラクションです。


一方の
ワールドショーケースは

11か国から成り立つ世界万博で
日本館がその1つです。



他には10か国

メキシコ館
ノルウェー館
中国館
ドイツ館
イタリア館
アメリカ館
モロッコ館
フランス館
イギリス館
カナダ館

があり
大きな湖を囲んで
それぞれの国が位置しています。

各国に
レストランとショップがあり

実際に
その国出身のキャストが
伝統衣装をモチーフにした
コスチュームを身にまとい

それぞれその国の
お料理、グッズなどを
通してゲストをもてなします。

1か国あたりの規模が
とてつもなく大きく

建物もなにもかも
本物同然で

まるで
世界旅行を
しているかのような気分です。

また各国で

中国雑技だったり
イギリスのバンドだったり

伝統文化やその国を象徴する
プロのパフォーマーの方の
ショーも行われています。

4パークの中で
現実感がとても強く
一番ディズニー感の薄いパークですが

キャラクターグリーティングが
とても充実していて




フューチャーワールドでは

ベイマックスや

インサイドヘッドの
ヨロコビ(Joy)とカナシミ(Sadness)


に会えたり


ワールドショーケースでは

メキシコではドナルド
ノルウェーではアナとエルサ
中国ではムーラン
ドイツでは白雪姫
モロッコではアラジンとジャスミン
フランスではベル
イギリスではアリス



などなど
その他にもディズニーの仲間たちが
突然パークに大量発生したりと

ちゃんと
ディズニーな一面もあります。


パーク中央のラグーンで行われる
夜の花火も
地球と世界をテーマにしていて

本当に朝から晩まで

自分は
この大きな地球で
世界の中の1人として
生きているんだな
と感じさせられます。

大きく捉えすぎに
聞こえるかもしれませんが

それくらい心に響くものがある
とっても素敵なパークなんです!

行っていただいたら
絶対に絶対に
この気持ちがわかると思うので

ぜひみなさん
ウォルトディズニーワールドを
訪れた際には
エプコットにも行ってみてください!

それでは
ここからは私が働いていた
日本館について
詳しくご紹介させていただきます!




日本館は
米国三越によって運営されており
大きく分けて3つ

レストラン
クイックサービスレストラン
ショップ

があります。

実際にCRプログラムでの職種も
この3つに分かれています。




今回は
プログラムでのお仕事というよりは
日本館そのものとして
ざっくりと全体を
ご紹介していきたいと思います!

まずはレストラン




日本館には
2つのレストランがあり
そのうちの1つが

鉄板江戸
です。

ここでは
実際にシェフが
目の前で調理した鉄板料理を
楽しむことができます。

お料理の味はもちろんのこと
グループテーブルの前で
プロのシェフの方たちが
食べ物や調理器具を使って
ユーモア溢れる
とても楽しいパフォーマンスを
披露して下さり

お料理だけでなく
作っている間から食べ終わるまで
ずっと笑顔で楽しんでいられる
大人気のレストランです。


いつも
鉄板パフォーマンスの音と
ゲストの笑い声とが響き渡り
とても賑やかで素敵な雰囲気です。


そしてもう1つが


東京ダイニング


こちらでは
お寿司や天ぷらなど
日本の伝統的なお食事を
いただくことができます。

窓からは
エプコットのラグーンを
一望することができ

また
カウンターでは
実際に寿司シェフの方々が
お寿司を作っている様子を
目の前で見ることもできます。


とても落ち着いて
ゆったりとした雰囲気で

鉄板江戸とは
また違った魅力の溢れる
素敵なレストランです。

お料理も
びっくりするほど美味しくて
こちらも
とても人気があります。

続いては
クイックサービスレストラン


日本館には


桂グリル
歌舞伎カフェ
ガーデン・ハウス

合わせて3つの
クイックサービスレストランが
あります。


クイックサービスレストランでは
飲み物だったり
ちょっとした食べ物など
いわゆるファストフードのような
軽食やドリンクを
いただくことができます。

特に日本館では

日本酒やかき氷
カレーライスや
ラーメンなど

私たちとしても
とてもなじみのある
食べ物を提供していて

毎日が真夏のように
暑いフロリダでは
すごく人気があったように
感じました。

そして最後に

ショップ!




日本館の
三越ショップは

本当に
意味がわからないくらい
人気があります!

もちろん時期によって
違いはありますが

他の国のショップは
どこもすごく空いていて
キャストが暇そうにしていることも
よくあるのですが


日本館は1年を通して

基本的にとても混んでいて
ゲストが絶えず
すごく賑やかな雰囲気です。


そんなショップは
入口から順番に
だんだんと
伝統から近代へと時代が進んでいく
6つのセクションに分かれており
それぞれ異なったテーマの商品を
扱っています。

まず1つ目は

錦の賑わい
-Festivity Zone-
(フェスティビティ)

ここでは主に
カップ麺やカレールー
などを始めとする
日本でおなじみの食品や
日本のお菓子やジュース
日本のお酒
そして
お茶碗やお皿などの
日本の食器などを
販売しています。

飲み物も含め
駄菓子の品ぞろえは
特に充実していて
考えて思いつくお菓子は
ほとんど全部ある!
と言っても
過言ではないと思います。

また
日本酒の試飲コーナーもあり

日本館ショップの中でも
特に子供から大人まで
とても人気のある
セクションです。

2つ目は

禅の静寂
-Silence Zone-
(サイレンス)



ここでは
着物を始め
盆栽やお香、風鈴
さらには日本刀まで

まさに
これぞ日本の伝統文化
というような商品を
扱っています。

着物部屋があり
ゲストの方に実際に
着物を試着していただくことが
できるので

日本館に来た記念に
着物を羽織って
写真を撮っていかれる方も多く
人気のあるセクションです。

全体的に
落ち着いた雰囲気で
ゲストの方も
ここでゆっくりお話をしていかれる方が
多いように感じました。






ちなみに

写真の奥に見える
ピンクの着物を着ているのは
私です☺
CRプログラム中は
主にサイレンスを担当させて
いただいてました!


続いて3つ目は


時代の調和
-Harmony Zone-
(ハーモニー)


このセクションは
伝統と革新の調和がテーマです。




ここでは
伝統的ながらも
モダンな商品を販売しています。

手ぬぐいだったり
扇子やうちわ
がま口の形をしたバッグや
桜を漆をモチーフにした
アクセサリー

また
日本を感じさせる
デザインを取り入れた
洋服や靴下、ゲタなども
販売しています。

その他にも
メタザという
金属板にゲストのお好みの
漢字やイラストなどを
お名前や記念日と一緒に
彫刻して差し上げるサービスもあり

ゆったりした雰囲気の中で
訪れたゲストとの
会話が溢れる
とても素敵なセクションです。

次に4つ目は

-Pick A Pearl-
(ピック・ア・パール)

その名の通り
ここでは

アコヤ貝から
真珠を取り出すパフォーマンスを
行っています。

大きな水槽の中から
ゲストにお好きな貝を
選んでもらい


それを実際に
目の前で開けて
中から真珠を取り出します。

一緒に
日本語でカウントダウンしたり
真珠の大きさを測ったり
太鼓を叩いたり

とにかく賑やかで
勢い溢れる
大人気のセクションです。


自分が選んだ真珠で
アクセサリーを
作ることもできるので

特に子供や女性の方に
人気があるように思いました。

5つ目は


-Excellence Zone-
(エクセレンス)




ここでは
日本の現代の雑貨が
販売されています。

お弁当箱や水筒を始め
かわいい文房具
スキンケア商品や化粧品などを
扱っており

日本の
LOFT(ロフト)やPLAZA(プラザ)
に近い雰囲気があります。

ここでは
スタジオジブリの商品も
扱っていて
毎日ジブリファンのゲストが訪れ
すごくほっこりとした
優しい雰囲気のセクションです。

また
ミキモト真珠も扱っており
中には
何十万円もの
超高級な
ミキモトのアクセサリーを
ご購入されるゲストもいらっしゃいます。

そして最後は


-Toy Section-
(トイ)

ここでは
いわゆるアニメやマンガの
おもちゃを販売しています。

ハローキティは
もちろんのこと

マリオ
グデたま
セーラームーン
ポケモン
ワンピース
ナルト
ドラゴンボール
進撃の巨人
ガンダム
カードキャプターさくら
ゼルダ

とにもかくにも
キャラクター商品は
なんでもあります!

その品ぞろえに
ゲストのみなさんも
大興奮で


老若男女問わず
日本のアニメが好きな方は
間違いなく楽しいセクションです。

おもしろいほど毎回
ゲストのリアクションがよく
すごく明るい雰囲気の
楽しいセクションです。

そしてなんといっても


3つの魅力に加えて
日本館を盛り上げているのが


日本館正面にある
Pagoda(五重塔)で
行われる

祭座のみなさんの
パフォーマンス!


楽しく勢い溢れる
みなさんのパフォーマンスは
本当に必見です。

はい!


以上が
私が働いていた

ウォルトディズニーワールド
そして
日本館です!


伝えたいことがたくさんあって
まるでディズニーの
パークレビューのような
とても長い記事に
なってしまいましたが
いかがだったでしょうか。


なんとなくでも
全体の雰囲気が伝わって

少しでも興味を持ったり
楽しんでいただけたなら
幸いです☺




こんな場所で
具体的に何をしていたのか
どんな景色を見ていたのか
そこから何を学んだのか


ぜひまた少しずつ
シェアさせてください。

ここまで読んでいただいた方

とても長かったのにも関わらず
最後まで読んでいただき
本当にありがとうございます!!


そんな心やさしいあなたに
今日もやさしい出来事が
たくさんありますように☺!

あんな


Anna☆
OTHER SNAPS